どうもこんにちはイッシーです。

皆さんは東京の中心と言ったらどこを思い浮かべますか??

「皇居」と答える方も多いと思います。

皇居というのは天皇陛下が住まわれている大切な場所であります。

では、「東京のへそはどこ?」と言われたときに、どこを思い浮かべますか?

もうすでにご存知の方も多いと思います。

今回は、東京のへそ「大宮八幡宮」へ参拝してまいりました!!

大宮八幡宮とは??

第70代・後冷泉天皇の天喜年中(1053〜57)に、奥州に乱(前九年の役)が起き、この乱を鎮めよとの勅命をうけた鎮守府将軍・源頼義公の軍がこの大宮の地にさしかかると、大空には白雲が八条にたなびいて、あたかも源氏の白旗がひるがえるような光景となりました。源頼義公は、「これは八幡大神の御守護のしるしである」と喜ばれ、乱を鎮めた暁には必ずこの地に神社を構えることを誓って、武運を祈り出陣されました。そして奥州を平定して凱旋のおり、誓いの通り康平6年(1063)、京都の石清水八幡宮より御分霊をいただいて、ここに神社を建てました。これが当宮の創建の縁起であります。
また、その子八幡太郎義家公も後三年の役のあと、父にならい当宮の社殿を修築し、境内に千本の若松の苗を植えたと伝えられています。
かつては武蔵国三大宮の一つ「多摩の大宮」あるいは「武蔵国八幡一之宮」と称され、昭和44年に境内の北端につづく旧境内地から弥生時代の祭祀遺跡や族長の住居跡が発掘され、この地は太古からの聖域であったことが判明致しております
今や大東京の重心「東京のへそ」として、神々の記憶と数々の日本の歴史へと誘う胎内回帰の出来る神秘的な場所とされております

https://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/hachimangu/historyより引用

御祭神

応神天皇
仲哀天皇
神功皇后

行ってみた!!

この日は、気持ちの良い風が肌をくすぐり

とても良い気分で大宮八幡宮へ行くことができました。

神門を潜ると、男銀杏、女銀杏が左右に構えています。

この銀杏は、夫婦和合の象徴です。

銀杏の実がなるのは、女銀杏だけみたいです。

日頃の感謝を行いつつ参拝し、境内で少し深呼吸をすると

木々の香りがしてきて、とても気持ちの良い場所です。

大宮八幡宮には、幸福撫でがえる石があります。

実際に撫でてみると、幸福がかえってくると言われています。

ぜひ、ここへ訪れた際には撫でてみてください。

また、境内には「共生の木」(ともいきのき)という木が、この大宮八幡宮の境内にあります。

この「共生の木」というのは、もともと別の木が、一つの幹となって結ばれて

お互い助け合いながら生ていくという姿は、様々な分裂問題(夫婦、国際、宗教など)が起きている中で

この「共に生きる」という大切な意味を示唆しているご神木です。

ぜひ、実際に訪れた際、生でこの木を感じてみてください。

この「大宮八幡宮」は、妖精や小さなおじさんに会える場所としても有名な神社です。

様々な奇跡が起きたこの神社へぜひ、足を運んでみてください。

あなたにもきっと、奇跡が起こるかもしれません。

本日はイッシーHP旅をご覧いただきまして、本当にありがとうございました。

イッシー

アクセス

京王井の頭線「西永福駅」から徒歩7分

京王井の頭線「永福町駅」から徒歩10分です。

詳しくは大宮八幡宮公式HPをご覧ください。